Communications and Signal Processing Lab

東京大学 杉浦研究室

研究テーマ

杉浦研究室では、将来の情報通信ネットワークのコアとなるワイヤレス通信技術の創造を目指して、信号処理、伝送方式、ネットワーク、理論・数値解析、プロトコル、セキュリティなどの基礎研究を行っています。また、現在の技術の枠にとらわれない学際的な研究にも取り組んでいます。

See more

研究業績

Refereed Journal Papers

81

Refereed International
Conference Papers

34

Patents

22
See more

受賞 / 助成

これまでに学外団体より授与された表彰実績と、
公的機関から助成金を受けた研究プロジェクトの一覧です。

See more

ニュース

  • 2020.04.01
    一般

    第8期生(4月入学)が配属決定

  • 2020.3.19
    受賞/助成

    中井君(D1)が電気通信普及財団より「テレコムシステム技術学生賞」を受賞

    受賞論文: R. Nakai and S. Sugiura, "Physical layer security in buffer-state-based max-ratio relay selection exploiting broadcasting with cooperative beamforming and jamming," IEEE Transactions on Information Forensics and Security, vol. 14, no. 2, pp. 431-444, Feb. 2019.

  • 2020.1.12
    受賞/助成

    中井君(D1)が「IEEE SPS Japan Student Journal Paper Award」を受賞

    受賞論文: R. Nakai and S. Sugiura, "Physical layer security in buffer-state-based max-ratio relay selection exploiting broadcasting with cooperative beamforming and jamming," IEEE Transactions on Information Forensics and Security, vol. 14, no. 2, pp. 431-444, Feb. 2019.

  • 2019.12.26
    受賞/助成

    杉浦准教授が「令和元年度東京大学卓越研究員」に選出されました

  • 2019.11.26
    論文掲載

    河内君(M1)の「非直交マルチプルアクセス(NOMA)」に関する筆頭著者論文が以下のIEEEジャーナルに掲載決定

    J. Kochi, R. Nakai, and S. Sugiura, "Performance evaluation of generalized buffer-state-based relay selection in NOMA-aided downlink," IEEE Access, in press.